犬好きで食いしん坊 パソコンを通じて知識を吸収中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

流れ橋(上津屋橋)

時代劇シーンで有名な欄干の無い橋、通称「流れ橋」が京都府八幡市にあります。
木津川にかかる流れ橋は全長356.5m幅3.3mで、人・自転車・単車だけが通れる橋です。
増水時には橋板が吹流しのようになりますが、ロープを手繰り寄せて元に戻すそうです。

京阪電車(通称おけいはん)で八幡市駅で降り自転車道路を約6キロ歩きました。ちょっとわき道に逸れて飛行神社にも寄りました。

八幡市駅から京阪バスなら20分です(上津屋停下車)















<
<
<
<
<







<

飛行神社








<
<
<
<
<


ソースはnon_nonさんからお借りしました
スポンサーサイト
2007-09-16 : 未分類 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

anikobeさん
時代劇のシーンでよく見る風景ですが、このような「流れ橋」は兵庫県・岡山県にもあるそうですが
この上津屋橋が有名です。

マオママが近所なら増水時にカメラ持って飛んで行ってる事でしょうね
2007-09-17 22:12 : マオママ URL : 編集
流れ橋
よく聴きますが、しっかり見ることが出来ました。
このような仕組みになっているのですね。
水量が増えた時は、傍で見るのも怖ろしいような気がしますね。
2007-09-17 21:28 : anikobe URL : 編集
cookieさん
水が無かったからでしょうか、恐怖感は無かったです。むしろ往復するのが楽しかったですよ。

ワンちゃんには歩きにくいのでしょうか、ワンちゃん連れは居ませんでした。

増水で流れてる橋板を引き寄せて元の橋に戻すところを見てみたいですね
2007-09-17 21:21 : マオママ URL : 編集
non_nonさん
何度も増水で流れてしまうなら、いっそ「流してしまえ!」という発想でしょうか?
橋げたはコンクリートの所もありましたがほとんどが木製です。
この橋板関西の番組で数えたんですが・・・行きと帰りで数が違うそうで結論は1750前後という事になっています
2007-09-17 21:12 : マオママ URL : 編集
りょうこさん
立て札には「自転車バイクは降りておしてください」と書いてますが・・・・自転車は乗ったままです。
そんな時は橋板が揺れてスリル満点です。

この橋の上で時代劇の醍醐味、勧善懲悪のシーンが撮影されたんですね
2007-09-17 20:55 : マオママ URL : 編集
こんな橋があるのですか?
今晩は、
こんな橋があるのですか?欄干が無いと渡るときに恐くは無かったですか?自転車でなんかとても無理です。クッキーつれても恐そうです。
でも川の流れは綺麗そうですね~日本全国にはまだ私の知らないところが山ほどあるのだな~と感じました。
2007-09-17 20:51 : Cookie URL : 編集
こんにちは
この橋は 全長356mも あるのですか
増水すると 吹流しのように流れるという・・・
昔の人の智慧ですね

むやみに抵抗せず 流れるにまかせて あとでズルズルと回収する
なかなか いい考えですね 
2007-09-17 17:01 : non_non URL : 編集
すご~い!!
きやぁ~怖くなかったですか?
高所恐怖症には、欄干が無いと渡れませんですぅ。
でも一度渡ってみたいですね。
バイクも自転車でもOK?、、あぶないですぅ。
2007-09-17 10:58 : りょうこ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

真央の母御前

Author:真央の母御前
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。