犬好きで食いしん坊 パソコンを通じて知識を吸収中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

明日香 雄綱・雌綱

綱掛け神事。子孫繁栄・五穀豊穣を願って、また疫病などがこの飛鳥川を通って進入しない為の結界。
毎年1月11日に飛鳥川が流れる稲淵の入り口には雄綱が神式で掛けられます。



明日香村の栢森(かやのもり)の集落入り口には雌綱が、僧侶の法要で掛けられるそうです
それぞれの村を守る結界も、10月になると風雨で傷みがが目立ってきてるようです。

雄綱の立派さに比べ雌綱はやはり控え目

スポンサーサイト
2008-10-15 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

non_nonさん
お忙しい中いつも有難うございますm(__)m

今回奈良からは車で連れて行っていただきましたので、多くの取材(?)が出来ました。
案山子ロードのかかしも「表情がいいなぁ~・きれいやなぁ~」と思う作品が賞を貰っていましたね。何故かごん狐は貰ってなかったのがザンネンでした。

枝豆には毛虫がたくさんいました、軍手必修での作業中の頭は夜の宴会の事でいっぱいでした(笑)


2008-10-16 08:35 : マオママ URL : 編集
anikobeさん
やはり古の奈良ですね~~
それぞれが神式・仏式で掛けられる綱、謂れは有るのでしょうが・・・・
現地を訪れての発見や納得に感謝の一日でした。
2008-10-16 08:25 : マオママ URL : 編集
こんばんは
綱掛け神事・・・
雄綱を新式で 雌綱を仏式で掛けるというのは 手が込んでいますね

少しご無沙汰しましたので 遡って拝見致しました
かかしコンクールは 楽しいですね
最優秀賞は さすがに素晴らしいです
ゴン狐の グタ~としたところが 投げやりな感じで良いです(笑)

枝豆とりは 大変だったのではないでしょうか
美味しいもののためなら 労をいとわないという マオママ様の面目躍如ですね
お疲れ様でした
2008-10-15 23:20 : non_non URL : 編集
綱掛けは村の守り
古代から延々と途絶えることなく続いているこの地区の神式、仏式の風習に寄せる、村人の思いが、飛鳥川にかかる綱に篭められているようですね。

雄綱が神式、雌綱が仏式というのが、これまた不思議ですね。
2008-10-15 23:10 : anikobe URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

真央の母御前

Author:真央の母御前
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。